ルーナ 女子大生 安全性

ルーナを女子大生が使用した場合の安全性はどうなのか

ダイエット

 

ルーナはホルモンバランスの乱れやすい30代以降におススメのサプリ!

 

ルーナは、ホルモンバランスの乱れが生じやすい30代以降の人にオススメのバストアップサプリなので、
女子大生が使用した場合の安全性が気になるところです。

 

使用する場合、成分やその危険性について留意しておく必要があります。

 

女性は30歳を過ぎた頃から、胸にハリがなくなり、垂れ下がってくるのですが、これは女性ホルモンの減少によるものです。
30歳を超えるとエストロゲンの減少が始まるので、ハリがなくなり、以前よりバストが小さくなります。

 

ルーナは、そんな人のために、ホルモンバランスに着目して作られたサプリで、
30代以降でもバストアップ効果が期待できるようになっています。

 

要するに、減ったエストロゲンを補給できるサプリなんですね。

 

1日の摂取量を超えてしまわないように注意!

 

ルーナは、黄体期と卵胞期に2種のサプリを飲み分けるようになっていて、成分のプエラリアを摂りすぎると、逆に胸を小さくすると言われています。

 

プエラリアは、バストアップサプリに配合されている主要な成分ですが、
摂りすぎると女性ホルモンのバランスを崩し、頭痛や倦怠感などの副作用を起こすことがあります。

 

女子大生がルーナを摂取するに当たって気をつけるべきことは、1日の摂取量を超えた摂り方をしていると体調不良を起こしてしまう恐れがあるということです。

 

適量を使用していれば、女子大生が使用しても安全性については問題ないでしょう。

 

しかしルーナは基本的に、ホルモンバランスを整えながらバストアップを図りたい30代にオススメのサプリなので、
女子大生には向いてないかもしれませんね。